得するポイント・マイル活用術!!

ほんのひと手間かけることで得するワザを紹介します!(by 税理士山條隆史)

アメックスビジネスゴールド【18年11月版】最大10万P入会キャンペーンと特典

                                   f:id:point-get:20180930122532p:plain

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードは、個人事業主または法人格のある法人の代表者のビジネス利用に便利です。経費管理や業務の効率化に役立ちます。

また、事業形態が“仕入・販売”であって、仕入れ代金の支払いをクレジットカードで決済できるようなビジネスであれば、大量のポイント獲得ができます。

まだ持っていない方は、アメックス・ビジネス・ゴールドカードの入会キャンペーンで申し込み、まずは入会時に最大10万ポイント獲得を目指すことができます。

10万ポイントをANAマイル10万マイルに換えると、 欧州(ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ、ブリュッセル)までビジネスクラスでの特典航空券(レギュラーシーズンで9万マイル)を獲得できることになります。現実的に国内出張に使うとしたら、東京⇔札幌(レギュラーシーズンで1万5千マイル)なら6往復、東京⇔大阪(レギュラーシーズンで1万2千マイル)なら8往復分となります。

 <目次>

1.アメックス・ビジネス・ゴールド・カード申込方法の比較

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードの入会では、申し込むサイトのキャンペーンによって得られるポイントが違ってきます。

現在、アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの主な申し込み方法は下記の5つが挙げられます。

(1)公式サイト経由での入会キャンペーン
(2)ポイントサイト経由の入会キャンペーン
(3)アメックスから新規設立会社宛に届くダイレクトメールからの申し込み
(4)アメックス会員による「紹介プログラム」からの紹介での入会キャンペーン
(5)アメックス営業担当者経由での入会キャンペーン

主な特典や最高獲得ポイントの概要は下記の通りです。

<キャンペーンの比較> 

 入会キャンペーン  主な特典や最高獲得ポイント
(1)公式サイト経由 年会費31,000円+消費税、最高3万ボーナスポイント
(2)ポイントサイト経由 年会費31,000円+消費税、最高3万ボーナスポイント+ポイントサイトのポイント
(3)新規設立会社宛のDM 初年度会費無料、最高8万ボーナスポイント
(4)アメックス会員「紹介プログラム」 年会費31,000円+消費税、 最高4.8万ボーナスポイント
(5)アメックス営業担当者経由  年会費31,000円+消費税、 最高7万ボーナスポイント+入会時紹介ボーナスポイント1万

※他に200万円利用の場合、標準1%の場合通常利用の2,000ポイントが付与されます。

では、以下で、各キャンペーンごとに詳しく見て行きます。

(1)アメックス公式ページからの申し込み(2018年11月)

f:id:point-get:20181012102023p:plain

f:id:point-get:20181012102045p:plain

アメックス公式サイトの特徴

年初年度から年会費(31,000円+消費税)が発生

・入会後1年以内に200万円(税込)の利用達成で30,000ボーナスポイントプレゼント

※通常の利用ポイント100円=1ポイントも付されます。(200万円の場合=20,000ポイント)

※30,000ポイントは通常利用では300万円決済で付与される数です。

(2)ポイントサイト経由での申し込み

2018年11月現在の主要ポイントサイトからのアメリカン ・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード申し込みは下記の通りです。

  (2018年11月3日検索時情報)

 ポイントサイト名   付与ポイント 獲得ANAマイル(ソラチカ経由81%)
  ハピタス  2,000ポイント     1,620マイル
  モッピー  2,000ポイント     1,620マイル
  Gポイント  2,000G     1,620マイル
  ちょびリッチ

 4,000ポイント

    1,620マイル

上記のポイント+公式サイトのキャンペーンが適用となります。

(3)アメックスから新規設立会社宛に届くダイレクトメールからの申し込み

アメックスが新規に会社設立をした会社に送っているダイレクトメールDMです。

f:id:point-get:20180930132949p:plain

以前だったら、設立したばかりの新設法人は信用がない(=クレジット履歴がない)ので審査で引っかかっていた(=審査に通らなかった)のですが、最近はそうでもないようです。

f:id:point-get:20180930142833p:plain

アメックス新規設立法人DMの特徴

年初年度年会費が無料(本会員のみ)

・入会後3ヶ月以内に合計20万円(税込)の利用達成で10,000ボーナスポイント

・入会後3ヶ月以内に合計50万円(税込)の利用達成で20,000ボーナスポイント

・入会後3ヶ月以内に合計100万円(税込)の利用達成で20,000ボーナスポイント

さらに

入会後1年以内に合計200万円(税込)の利用達成で30,000ボーナスポイント

※通常の利用ポイント100円=1ポイントも付されます。(80万円の場合=8,000ポイント)

・最大80,000ボーナスポイント +通常利用ポイント20,000の獲得となります。

いまのところこれが最強!! です。が、新設法人でない場合には適用されません。 

(4)アメックス会員から「アメックスのご紹介プログラム」での申し込み

アメックスが会員にお願いしている公式の「紹介プログラム」です。

f:id:point-get:20181012102225p:plain

アメックス会員による紹介プログラムの特徴

年会費(31,000円+消費税)が初年度無料(基本会員のみ)

・入会後3ヶ月以内に合計20万円(税込)の利用達成で6,000ボーナスポイント

・入会後3ヶ月以内に合計50万円(税込)の利用達成で12,000ボーナスポイント

入会後1年以内に合計200万円(税込)の利用達成で30,000ボーナスポイント

※通常の利用ポイント100円=1ポイントも付されます。(200万円の場合=20,000ポイント)

・最大48,000ボーナスポイント+通常利用ポイント20,000の獲得となります。

新設法人の場合は年会費も無料なのでそれには負けますが、公式サイトの(1)(2)よりは断然有利です。 

紹介方法は3つあり、①URLをシェアして紹介、②専用フォームをメールで送る、③Facebookでシェアして紹介です。

※「メール指定受信」などの設定をされている場合は、以下のドメインよりメールを受信できるように設定が必要となります。「@email.americanexpress.com」

※URLを間違えると本来もらえるはずのボーナスポイントがもらえないこともありますので、URLのシェアも間違えないように留意する必要があります。  

<選択の目安>

アメックス公式ページ < ポイントサイトからの申し込み < 会員からの紹介 < 新設法人入会キャンペーン

(5)アメックス・ゴールド・カードは本サイトからの申し込みがさらにGood!!

じつは(3)の新設法人向けよりも、もっと有利な申し込み方法があります。

それは、アメックス(American Express International, Inc. )の個人営業担当者(=個人事業部門/新規カード営業)経由での申し込みです。私も2018年8月にANAアメックス・ゴールドカードをこの営業担当付き知人の紹介ルートで申し込みました。

本サイトからの紹介プログラムの特徴

年会費(31,000円+消費税)が初年度無料(基本会員のみ)

・入会後3ヶ月以内に合計50万円(税込)の利用達成で20,000ボーナスポイント

・入会後3ヶ月以内に合計100万円(税込)の利用達成で20,000ボーナスポイント

入会後1年以内に合計200万円(税込)の利用達成で30,000ボーナスポイント

※通常の利用ポイント100円=1ポイントも付されます。(200万円の場合=20,000ポイント)

・合計70,000ボーナスポイント+通常利用ポイント20,000の獲得となります。f:id:point-get:20181013122218j:plain

ゴールドカードであれば紹介によるポイント10,000が付与されます。

f:id:point-get:20180902112101p:plain

本サイトも個人営業担当を窓口にできますので、申込方法としては最良と言えます。下記ボタンを押すと、お申し込みフォームが表示されます。 

                f:id:point-get:20181001174241p:plain

 ※上記お申込み後は、アメックス個人営業担当者の方との直接のやり取りとなります。

アメックスの入会キャンペーンは頻繁に変わっています。本サイトでも月に一度程度の定期的な更新をしてまいりますが、最新の入会キャンペーンはアメックス個人営業担当者の方からご確認ください

    ↓(5)なら下記からどうぞ ↓

                f:id:point-get:20181001174241p:plain 

<ご参考:紹介でのポイント獲得実績> 

※下記は、私自身が会員から紹介を受けてANAアメックス・ゴールド・カードに入会した時に獲得したボーナスポイントです。その当時最強の獲得ルートでした。

f:id:point-get:20180906081128p:plain

カードが到着した時点で、入会ポイント10,000ポイントが付与されていました!

(2018年9月6日更新)利用計画をした上での紹介申し込みで6万ポイント(6万マイル)獲得出来ました。 

f:id:point-get:20181116143736j:plain

ようやく最後の入会マイルの加算がありました。全部で62,000マイルの獲得です。

(2018年11月16日確認)

<説明>

2018年8月13日・・・夏休みで不在のためまだカードが手元に届いていませんでしたが発行が許可されたタイミングでボーナスポイント10,000が付与されていたようです。

2018年8月23日までに・・・カード入手後、すぐに近くのコンビニやスーパーでの支払いにカードを3回使いました。入会後利用ボーナスポイントが後日そのタイミングで付与されていました。

2018年8月29日までに・・・カード申込の前から70万円以上の利用の計画があってANAアメックス・ゴールド・カードを申し込みました。1週間で最初の関門30万円を超え、ボーナスポイント6.000が付与されました。

2018年8月29日までに・・・2つ目の大きな支払いもあり、最後の関門70万円も超え、2018年9月1日にボーナスポイント33,000が付与されました。

2018年11月13日・・・ANAマイーレージクラブに入会マイルとして2,000マイルが付与されました。カード入会後ちょうど3か月目の日付でした。

<お勧めできない方法> 

ボーナスポイントを獲得するために無駄な買い物をすることはお勧めできません。いつか使うはずだから、「デパートの商品券を買って〇万円の関門をクリアーしましょう」とか「Amazonのギフト券を買って〇万円の関門をクリアーしましょう」といったアイデアも紹介されていますが、おススメしません。堅実な支払予定の下にこうした関門をクリアーできるのであればこそのボーナスポイントと言えます。

2.アメックス・ビジネス・ゴールドがビジネスに便利な理由

(1)ビジネス経費処理を軽減

あらゆる支払いをビジネス・カードに集約することが、経費処理を軽減するコツです。

① 経費精算の集約

交通費や飲食費などの経費はもちろん、業務上の資材調達や、オフィスサプライ、通信費、公共料金など、オフィスの経費もビジネス・カードで支払えます。支払いをカードに集約すれば、経費の支払い状況が一目瞭然に。リース料や通信費、広告費などの高額な支払いだけでなく、少額な支払いもビジネス・カードに集約することで、毎月の経費管理の手間も省け、本業に専念する時間が生まれます。

<経費の精算と会計計上の例>下記⑤を使います。

1)Amexのオンライン明細でExcel形式にてその月の請求額をダウンロードします。

2)利用者ごとに明細がわかれていますので、部門別(営業、管理などの別)に経費を振り分け、会計計上することも可能です。

3)会計ソフトに他社データの読み込み機能が付いている場合には、上記でダウンロードしたデータを仕訳データとして読み込むことも可能となります。

※いろいろと使い勝手が良いので、詳しいことは顧問会計事務所にご相談ください。

② コンシェルジュサービス

会食、接待にふさわしいお店をコンシェルジュが検索、予約代行してくれるサービスもあります。

③ 高額利用時の事前承認

ビジネス・カードなら、事前承認の手続きをすることで、広告費など の高額な支払いにも゙利用できます。

※事前承認には所定の条件があります。
※詳しくは入会後にカードと一緒に届く「ご利用の手引き」を確認してくださ い。

④ 利用代金明細書

1ヶ月に1度、追加カードを持っている社員ごとに、利用金額や店名、業種を日付順に記載して届けられます。費用科目の仕分けや用途のチェックが容易に行え、経費を明確に把握できます。また、「メンバーシップ・リワード」の獲得ポイントをはじめ新サービスや各種特典のご案内、加盟店の最新情報なども案内されます。

⑤ オンライン・サービス

最新のカード゙利用額や、過去のカードご利用代金明細書(PDF形式)の確認な どをはじめとする様々なサービスを、いつでも安全でスピーディーにウェブサイ ト上で゙利用できます。また、゙利用明細をCSV、Excelファイル形式などで ダウンロードすることも可能です。ウェブサイトにて、IDとパスワードを登録 のうえ、゙活用してください。

➅ 従業員の福利厚生に

ビジネス・カード限定の付帯サービスがビジネス環境や福利厚生、業務効率の向上に役立ちます。

アメリカン・エキスプレスのClub-Offの会員限定優待サービスを使うと、宿泊の割引、遊園地テーマパークの割引、映画館割引、日帰り湯施設の割引などの、全国で20万カ所以上 の優待が従業員の暮らしを豊かにしてくれます。

⑦ 経費からポイントの獲得

日々の仕入代金の支払や水道光熱費などの公共料金をクレジットカード払いに集約するとポイントが貯まります。

たとえば、

1か月に、仕入・材料費20万円、出張旅費精算3万円、ガソリン交通費5万円、事務用消耗品と交際費で2万円、公共料金2万円、電話代等の通信費3万円の計35万円をカード払いをしたとします。

電気料金等は200円で1ポイントですが、その他が100円で1ポイント付くとすれば、毎月3,400ポイントのカード利用ポイントが付くことになります。

1年間で40,800ポイントです。

貯まったポイントはビジネスに有効活用することができます。つまり、このポイントはカード精算時の支払に充当しても良いですし、航空マイルに変えてビジネス出張で有効活用することもできます。ANAの場合、東京大阪ならレギュラーシーズンで片道6,000マイル必要ですので、6.8回=3往復分の特典航空券意代えることもできます。

            f:id:point-get:20181001174241p:plainf:id:point-get:20181001174206p:plain

 ※上記お申込み後は、アメックス個人営業担当者の方との直接のやり取りとなります。

アメックスの入会キャンペーンは頻繁に変わっています。本サイトでも月に一度程度の定期的な更新をしてまいりますが、最新の入会キャンペーンはアメックス個人営業担当者の方からご確認ください。

(2)旅行に強いアメックス

アメックスといえば旅行サービスに強みがあります。その中で、実際に海外旅行に行くに際して直接かかわってくる保険、空港ラウンジ、万一の時の24時間無料電話サポートについて触れておきます。

① 充実の国内/海外旅行の保険補償内容

海外旅行の際、国際線航空券やパッケージ・ツアーなどの代金をカードで支払うと、傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円(会員家族には最高1,000万円)の海外旅行傷害保険が自動的に付帯されます。

また、カードで支払いをしていない場合でも傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円(会員家族には最高1,000万円)の海外旅行傷害保険が付帯されます。

※海外旅行保険は万一の時のためのものであり、お世話になることはほとんどありませんが、現地の病院に行く事態となればとんでもない金額になってしまうことが多いようです。保険をかけているということ自体が安心となります。

② 空港ラウンジ
フライトを待つ間も専用ラウンジでゆったりと <空港ラウンジ>が使えます。
カードと搭乗券の呈示で、アメリカン・エキスプレスが提供する国内外の空港ラウンジを同伴者1名と共に無料で利用できます。 

f:id:point-get:20180902124148j:plain 

出国前の成田空港第一ターミナル4階のラウンジです。他のカードといっそなので混んでいるかと思って入りました。

f:id:point-get:20180902124222j:plain f:id:point-get:20180902124257j:plain

2018年8月14日でしたが、比較的すいていました。Wifiも使えました。
※利用可能な空港
新千歳空港/函館空港/青森空港/秋田空港/仙台空港/羽田空港/成田国際空港/新潟空港/富山空港/中部国際空港/小松空港/大阪国際空港(伊丹空港)/関西国際空港/神戸空港/岡山空港/広島空港/米子空港/山口宇部空港/高松空港/松山空港/徳島空港/北九州空港/福岡空港/長崎空港/大分空港/熊本空港/鹿児島空港/那覇空港/ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)/韓国 仁川国際空港

※ANAラウンジサービスは使えません。

③ 空港からのお帰りは、どうぞ手ぶらで身軽に <手荷物無料宅配サービス>

海外旅行からの帰国時に空港から自宅まで、カード会員お一人様につきスーツケース1個を無料で配送してくれます。(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)

朝に帰国以後、そのまま会社に戻るときなどは、このサービスは便利です。

④ 充実の国内/海外旅行の保険補償内容

海外旅行の際、国際線航空券やパッケージ・ツアーなどの代金をカードで支払うと、傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円(会員の家族には最高1,000万円)の海外旅行傷害保険が自動的に付帯されます。また、カードで支払いをされない場合でも傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円(会員の家族には最高1,000万円)の海外旅行傷害保険が付帯されます。

海外渉外保険の保険金の種類と保険金額

旅行代金をカード決済した場合  
保険金の種類 基本カード会員 左の家族
国内旅行    
障害死亡・後遺障害保険金 最高5,000万円 最高1,000万円
海外旅行(90日限度)    
障害死亡・後遺障害保険金 最高1億円 最高1,000万円
傷害治療費用保険金 最高300万円 最高200万円
疾病治療費用保険金 最高300万円 最高200万円
賠償責任保険金 最高4,000万円 同左

携行品損害保険金(免責3千円/年間限度額100万円)

1旅行中最高50万円 同左
救援者費用保険金 保険期間中最高400万円 保険期間中最高300万円
     
旅行代金をカード決済しなかった場合  
保険金の種類 基本カード会員 左の家族
国内旅行    
障害死亡・後遺障害保険金 補償なし 同左
海外旅行(90日限度)    
障害死亡・後遺障害保険金 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用保険金 最高200万円 同左
疾病治療費用保険金 最高200万円 同左
賠償責任保険金 最高4,000万円 同左

携行品損害保険金(免責3千円/年間限度額100万円)

1旅行中最高50万円 同左
救援者費用保険金 保険期間中最高300万円 同左

(注)上記は概要です。詳細は会員規約集・規定集を参照してください。

1人でビジネスで旅行する場合は、カード附帯の保険額で十分です。

しかしながら、海のあるリゾート地に行くときなどは、万一の救援者費用をもう少し厚くするため、別途の保険加入も必要です。

⑤ 海外旅行先でに日本語サポート「オーバーシーズアシスト」

<実話> 

2018年8月21日21時半頃の話です。成田への帰国便に乗るべく、ニューカレドニアのヌメアのホテルからNOUMEA(トントゥータ)国際空港にバスで向かっていました。

走行中のバスで乗客の一人がバスの添乗員(現地旅行社の日本人)に走ってゆきました、同行の幼児(2~3歳)がひきつけを起こしたので病院に行きから降ろしてほしいという事態になりました。

この時は現地旅行社の日本人が別に日本人スタッフとタクシーを手配してくれて10分ほどで合流し病院に向かうことができました。

海外旅行ではツアーに乗ることのない私は、こうした際には、万一の時に頼れるアメックスの海外旅行先での日本語サポートを思い出しました。

海外旅行先での日本語サポート

海外の旅行先からでも、気軽に日本語でヘルプ電話が掛けられます。
レストランの予約をはじめ、医療機関の紹介など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料またはコレクトコールで連絡できます。

利用方法:

各地域別の担当センター受付です。滞在国のカード会員専用窓口へ連絡してください。

オーバーシーズ・アシスト(海外からのお問い合わせ先/24時間日本語で対応)

*印の電話番号はコレクト・コールを利用してください。
海外から電話がつながらない場合には、カード裏面の電話番号までコレクト・コールにてかけてください。電話が転送され、各地域のグローバル・ホットラインに繋がれます。または折り返し連絡が入ります。

欧米

•アメリカ合衆国(ハワイ・アラスカを含む)  1-800-866-8630
•カナダ  1-800-866-8630

•中南米・カリブ諸島  *1-804-673-1669

•フランス  0800-90-86-29

•ドイツ  0800-181-0740

•イギリス 0800-824-482

•スペイン  900-99-4446

•イタリア  800-871-972

•スイス  0800-55-47-02

上記以外のヨーロッパ(旧ソ連邦・アフリカ・中近東)* 44-20-8840-6462
 (イギリスセンター)

アジア・オセアニア

•オーストラリア  1800-553-154

•ニュージーランド 0800-44-9347

•香港 800-96-3012

•シンガポール 1800-535-1561

•韓国 00798-651-7031

•台湾 00801-65-1168

上記以外のアジア・オセアニア * 65-6535-1561 (シンガポールセンター)

•日本国内で本サービスは利用できません。
•携帯電話などのローミング料金は、カード会員の負担となります。
•日本から海外へ持参された携帯電話からは、現地のトール・フリー番号につながらない場合があります。また、トール・フリー番号につながった場合でも、ローミング料金および通話料金が発生いたします。あらかじめご注意ください。

※海外に行くときは、こうした万一の時の24時間対応はありがたいです。

3.アメックス・ビジネス・ゴールド限定の特典

①ビジネス・カード会員限定イベント

ビジネス・カード会員限定のイベントに参加できます。を開催いたします。見聞と人脈をさらに広げる好機会となります。取引先や従業員を誘っての参加も可能です。

②ゴルフ関連サービス

ビジネス接待と言えば、ゴルフ接待です。より充実したゴルフ・ライフを楽しむことができるよう、イベントの開催をはじめ、ゴルフ関連のサービスが提供されています。

③Ticket Access® 

「e+(イープラス)」との提携により音楽、演劇、スポーツなど、厳選したエンターテインメントのチケット先行予約が可能です。チケットによっては良席が用意されます。

④コットンクラブ

東京・丸の内のエンターテイメントクラブ「COTTON CLUB」にて、カード会員限定の特典を提供されます。

⑤新国立劇場 

オペラ、バレエ、現代舞踊、演劇などの公演が行われる「新国立劇場」で様々な特典を利用できます。

➅京都観光ラウンジ

 外国人のクライアントさんに日本観光を案内するとしたらやはり京都です。高台寺塔頭 圓徳院にて、カード会員様専用観光ラウンジが用意されています。京都への出張や旅行の際には便利です。

⑦ゴールド・ワインクラブ 

接待の場でのワイン談義は場を盛り上げてくれます。日頃からワインについての蘊蓄をためておくためにも、ワインに関する様々なビジネス・ゴールド・カード会員限定のサービスを利用することをお勧めします。

4.有利な申込方法のまとめ(アメックス・ビジネス・ゴールドカードは本サイトからの申込みがおススメ)

ビジネス経費処理にかかる時間を軽減し、効率的な経理処理をするためには、あらゆる支払いをビジネス・カードに集約することがコツです。

その点、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはお勧めのカードと言えます。

せっかく申込むのであれば、少しでもお得な入会キャンペーンを活用しましょう。得られるポイントが違ってきます。

お申し込み方法がいくつかありますが、ボーナスポイント(=あとでANAマイルへの交換を目的)を貯めるのであれば、 初年度年会費31,000円+消費税を払っても、本サイトから申し込めば、最大90,000ポイントを得チャンスがあります。

入会1年以内にいくら使うのかで得れるポイントも変わってきますので、カードで決済する予定金額と支払のタイミングを考えながら申し込むことが肝要です。

                f:id:point-get:20181001174241p:plain

 ※上記お申込み後は、アメックス個人営業担当者の方との直接のやり取りとなります。

アメックスの入会キャンペーンは頻繁に変わっています。本サイトでも月に一度程度の定期的な更新をしてまいりますが、最新の入会キャンペーンはアメックス個人営業担当者の方からご確認ください。 

(注)最短でも発行まで2週間~1ヶ月程度かかりますので、その点営業担当者とよく相談してください。  

5.ANAマイルを貯める:レストランの利用

取引先との会食の際のレストランの利用や予約でマイルが貯まります。

ホットペッパーグルメでANAマイルを貯める

お得なクーポン満載のネット予約サイト【ホットペッパー グルメ】で、予約=20マイルが貯まります。宴会、女子会や人気レストランまで、駅や料理名でカンタンお店探しができます。

スターバックスコーヒーでANAマイルを貯める 

ANAカードでの支払いで100円 = 1マイルまたは200円 = 1マイルが貯まります。

スターバックスは、アメリカ シアトル生まれのスペシャルティ コーヒーストアで、エスプレッソドリンクをはじめ、ペストリー、サンドイッチを楽しめます。

グルメマイルでANAマイルを貯める

グルメマイルは、全国各地のレストラン、バー、居酒屋など様々な提携飲食店で、精算時、ANAマイレージクラブカード、ANAカードを提示するとマイルが貯まります。ANAマイレージクラブカード:100円(税込)=1マイルANAカード:100円(税込)=1~2マイルANAマイレージクラブカード:100円(税込)=1マイルANAカード:100円(税込)=1~2マイルが貯まります。

一休.comレストランでANAマイルを貯める

厳選レストランを紹介する国内最大級のオンライン予約サイトです。一休限定のお得なプランを数多く掲載。タイムセールで50%以上OFFも! 200円=1マイルが貯まります。

ANAカードマイルプラス・グルメ

f:id:point-get:20181117090704j:plain

ANAカードの支払いで200円(税込)=1マイルが貯まります。

                f:id:point-get:20181001174241p:plain

 ※上記お申込み後は、アメックス個人営業担当者の方との直接のやり取りとなります。

アメックスの入会キャンペーンは頻繁に変わっています。本サイトでも月に一度程度の定期的な更新をしてまいりますが、最新の入会キャンペーンはアメックス個人営業担当者の方からご確認ください。 

6.貯まったマイルの使い方と税金上の注意

(1)貯まったマイルの使い方(代表例:ANAマイルとして使う)

1,000ポイントを1,000マイル単位でANAマイルに移行して特典航空券等を利用できます。

① 国内線航空券で必要なマイル数(レギュラーシーズン・エコノミー)の例:

国内線の無料航空券にも使えますので、国内出張にももちろん使えます。

東京⇔大阪往復で12,000マイル、東京⇔札幌往復で15,000マイル、東京⇔福岡往復で15,000マイルなどです。

② 国内線航空券で必要なマイル数:

国内線の無料航空券にも使えますので、国内出張にももちろん使えます。

東京⇔大阪往復で12,000マイル、東京⇔札幌往復で15,000マイル、東京⇔福岡往復で15,000マイルなどです。(レギュラーシーズン・エコノミーの場合)

必要マイル数

片道:1区間・往復同区間:2区間旅程の必要マイル早見表(例)

全旅程の距離 対象路線 特典交換必要マイル数
片道:1区間 往復:2区間
0~600マイル区間 東京 秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪 L 5,000
R 6,000
H 7,500
L 10,000
R 12,000
H 15,000
大阪 萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎
名古屋 新潟、松山
札幌 利尻、稚内、女満別、根室中標津、オホーツク紋別、釧路、函館、青森、秋田
仙台 小松
福岡 対馬、五島福江、宮崎
長崎 壱岐、五島福江、対馬
沖縄 宮古、石垣
宮古 石垣
601~1,600マイル区間 (上記・下記以外の往復同区間旅程) L 6,000
R 7,500
H 9,000
L 12,000
R 15,000
H 18,000
1,601~2,000マイル区間 東京 沖縄 L 7,000
R 9,000
H 10,500
L 14,000
R 18,000
H 21,000
大阪 石垣
大阪 宮古
静岡 沖縄
名古屋 沖縄
名古屋 宮古
札幌 福岡
2,001~4,000マイル区間 東京 石垣 L 8,500
R 10,000
H 11,500
L 17,000
R 20,000
H 23,000
東京 宮古
名古屋 石垣
札幌 沖縄
沖縄 仙台、新潟

※全旅程の距離とは2区間の区間基本マイレージ合計数。
片道:1区間で利用の場合、区間基本マイレージの2倍の「全旅程の距離」欄を確認ください。

※片道利用時の必要マイル数は往復同区間旅程の必要マイル数の50%に相当します。利用の2区間の区間基本マイレージが異なる場合は、1区間ずつ利用することも可能です。

※2区間と1区間ずつでは必要マイル数が異なる場合があります。

シーズンチャート

利用できる期間には、各シーズンが設定されています。

L(ローシーズン)

2018年 1/8~2/28、4/1~4/26、12/1~12/21
2019年 1/6~2/28、4/1~4/25、12/1~12/20
2020年 1/6~2/29

R(レギュラーシーズン)

2018年 3/1~3/15、5/7~8/9、8/21~11/30
2019年 3/1~3/14、5/7~7/31、8/26~11/30
2020年 3/1~3/12

H(ハイシーズン)

2018年 1/1~1/7、3/16~3/31、4/27~5/6、8/10~8/20、12/22~12/31
2019年 1/1~1/5、3/15~3/31、4/26~5/6、8/1~8/25、12/21~12/31
2020年 1/1~1/5、3/13~3/31

※シーズンチャート対象期間はキャンペーンなどで変更になる場合があります。予約時に確認してください。

※2020年4月以降のシーズンチャートは、2019年3月頃に案内されます。

② 国際線航空券で必要なマイル数(レギュラーシーズン・エコノミー)の例:

ニューヨーク50,000マイル、パリ55,000マイル、シドニー45,000マイル、シンガポール35,000マイルなどです。

ボーナスポイントや普段の利用ポイントを、特典航空券に変えることで、海外出張で利用できます。

f:id:point-get:20180930145412p:plain

行き先別のゾーンごとに特典航空券を取得するのに必要なマイル数が設定されています。 

 
日本(Zone 1) 日本
韓国(Zone 2) ソウル
アジア 1(Zone 3)

北京、 大連、 瀋陽、 青島、 上海、 杭州、 広州、 厦門、 成都、 武漢、 香港、 台北、 マニラ

アジア 2(Zone 4) シンガポール、 バンコク、 ホーチミン、 ヤンゴン、 ジャカルタ、 ムンバイ、 デリー、 ハノイ、 クアラルンプール、 プノンペン
ハワイ(Zone 5) ホノルル
北米(Zone 6) ロサンゼルス、 サンフランシスコ、 シアトル、 サンノゼ、 ワシントン、 ニューヨーク、 シカゴ、 ヒューストン、 バンクーバー、 メキシコシティ
欧州(Zone 7) ロンドン、 パリ、 フランクフルト、 ミュンヘン、 デュッセルドルフ、 ブリュッセル、 ウィーン
オセアニア(Zone 10) シドニー

【必要マイルチャート】 (単位=マイル、往復)

[シーズン] L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)
[利用クラス] Y(エコノミークラス)、PY(プレミアムエコノミークラス)、C(ビジネスクラス)、F(ファーストクラス)

日本(Zone 1)⇔ 韓国(Zone 2)・アジア1(Zone 3)・アジア2(Zone 4)・ハワイ(Zone 5)・北米(Zone 6)・欧州(Zone 7)・オセアニア(Zone 10)

発着地 利用
クラス
目的地
韓国
(Zone 2)
アジア 1
(Zone 3)
アジア 2
(Zone 4)
L R H L R H L R H
日本
(Zone 1)
Y 12,000 15,000 18,000 17,000 20,000 23,000 30,000 35,000 38,000
PY - - - - - - 46,000 51,000 54,000
C 25,000 30,000 33,000 35,000 40,000 43,000 55,000 60,000 63,000
F - - - - - - 105,000 105,000 114,000
発着地 利用
クラス
目的地
ハワイ
(Zone 5)
北米
(Zone 6)
欧州
(Zone 7)
L R H L R H L R H
日本
(Zone 1)
Y 35,000 40,000 43,000 40,000 50,000 55,000 45,000 55,000 60,000
PY 53,000 58,000 61,000 62,000 72,000 77,000 67,000 77,000 82,000
C 60,000 65,000 68,000 75,000 85,000 90,000 80,000 90,000 95,000
F - - - 150,000 150,000 165,000 165,000 165,000 180,000
発着地 利用
クラス
目的地
オセアニア
(Zone 10)
L R H
日本
(Zone 1)
Y 37,000 45,000 50,000
PY 54,000 62,000 67,000
C 65,000 75,000 80,000
F - - -

(2)ANAマイルで直接買い物もできます!

2018年11月1日からANAショッピングA-styleがさらに便利になっています! 

① ANAショッピングポイントへの交換なしに、マイルで直接買い物が可能に!

貯まったマイルは、1マイル=1円(相当)で直接買い物に使えるようになりました。 (事前のANAショッピングポイントへの交換は不要です。)

② 簡単な登録のみで、ANAマイレージクラブ会員でない人も利用可能に!

ANAマイレージクラブへの会員登録なし、A-styleショッピング登録のみで買い物を楽しむことができます。

③ トラベルグッズがさらに充実!

旅行や出張の準備ならここです!人気のあのブランドとのコラボアイテム等、ここでしか買えないアイテムも充実です。

④ ANAカード会員ステータスによる限定サービスが登場!

通常のANAカード決済での割引に加え、会員ステータスに応じた限定サービスがあります。

(3)税金上の注意 

法人会員の場合、マイルは法人の資産です。これを個人的に使うと、税務上のややこしい問題となります。

役員の場合、役員賞与とされ、経費扱いにされません。収入だけ計上され法人税が増えます。また、賞与ですから、個人の所得税も増えます。さらに、源泉所得税の控除漏れとなると追加税金や延滞金などのペナルティも課されます。

法人会員の場合、貯まったマイルは法人の事業にかかわる出張旅費に使うことが無難です。

下記ボタンを押すと、お申し込みフォームが表示されます。 

                f:id:point-get:20181001174241p:plain

 ※上記お申込み後は、アメックス個人営業担当者の方との直接のやり取りとなります。

アメックスの入会キャンペーンは頻繁に変わっています。本サイトでも月に一度程度の定期的な更新をしてまいりますが、最新の入会キャンペーンはアメックス個人営業担当者の方からご確認ください。